ホーム > 商品紹介:野菜の種子 > トマト > ミニトマトの栽培方法

ミニトマトの栽培方法

手順1 - ポットにタネをまく

ビニールポットのイラストサクラの咲く頃からツツジの咲く頃にまくのが一般的です。
5号(直径15cm位)位のビニールポットにタネを3〜5粒位まきます。
土かけは5mm位とし、発芽まで乾燥させないようにする事が大切です。

手順2 - 苗を育てる

ミニトマトの写真苗のイラスト本葉2〜3枚の頃までに1本に間引きし、十分に日光に当てて
しっかりとした苗を作ります。週に1度薄い液体肥料を与えてください。
定植するタイミングは最初の花が咲いた頃で、時期としては
晩霜のなくなった頃がベストです。


手順3 - 目的の場所に定植する

菜園のイラスト目的の場所に定植する 株間は40〜50cmにします。菜園にはあらかじめ1m2当り苦土石灰 100g(コップ1杯)、腐葉土2kg(バケツ2杯)、化成肥料100g (コップ1杯)を施し、良く耕しておきます。 定植したら支柱を立て、草丈が30cm位になったら中心の茎を支柱に 結び付けます。その後は20cm位の間隔で結んでください。 トマトの花は同じ方向に向く性質があるので、定植する時は花を 通路側に向けるようにすると収穫がしやすくなります。 また放っておくと草丈がどんどん伸びてしまうので、第5〜6節目 で葉を2、3枚残して芯を止めましょう。


プランター栽培の場合のご注意

プランターで栽培する場合も定植の方法は一緒ですが、支柱がしっかりと刺さる十分な深さのあるものをご用意ください。
また、プランターは乾燥(水切れ)しやすいので、乾燥しないようこまめに水やりをしてください。

手順4 - 管理

茎のイラスト

わき芽の摘み取りは早めが大切

わき芽は早めに摘み取って、中心の茎だけを伸ばす1本仕立てにします。
4段目までのわき芽は摘み取った方が良いでしょう。


実ったトマトのイラスト

ミニトマトと大玉トマトの選定

大玉のトマトの場合は、果実の太りを良くするために先端に出来た果実を摘み取りますが、ミニトマトはその必要はありません。


トマトと支柱のイラスト

栽培方法にあわせて支柱を準備しましょう

容器栽培も出来ますが、支柱はぜひとも必要です。
支柱を安定させるためにも底の深い容器を使用してください。
アサガオ栽培のあんどん型支柱も重宝します。


  • 前のページへもどる